足付け (アシヅケ)

塗料の付着力向上のため、被塗物の表面に凹凸をつけ表面積を広げるため研磨すること。サンドペーパー、粗目のコンパウンドなどを用いて行う。「目粗し」ともいう。