白亜化(チョウキング) (ハクアカ)

塗膜を屋外に暴露した時に、塗膜表面が分解変化して、表面を手で触れると指頭に塗膜や顔料粒子が付着する現象。塗膜劣化現象の一つ。紫外線や風雨などの影響で塗膜の表層から樹脂分が劣化して、塗膜中の顔料が分離し、塗膜表面が白い粉状になる。