発火点 (ハッカテン)

空気と接触した状態で、可燃性の物質が徐々に加熱されると、外部から直接火気を近づけなくても発火に至る最低温度。