反応硬化型塗料 (ハンノウコウカガタトリョウ)

樹脂中の官能基が反応して皮膜を形成する塗料であり、次の種類がある。(1)大気中の酸素と反応(自然乾燥型油性塗料等)、(2)熱、照射エネルギーにより反応(UV樹脂塗料等)、(3)硬化剤、触媒により反応(ポリウレタン樹脂塗料、ポリエステル樹脂塗料等)、(4)空気中の水分と反応(湿気硬化型ウレタン樹脂塗料等)。