比例弁 (ヒレイベン)

空気弁と燃料弁が一体になっており、空気と燃料の比(空気比)を一定に保ちながら空気と燃料の量を変化させる弁。バーナの燃焼量のコントロール弁として使用する。