皮膜化成 (ヒマクカセイ)

皮膜化成の目的は、塗装までの金属を防錆することと、塗装の耐食性、密着性を向上させることである。皮膜は、処理対象がSPC(鉄鋼)である場合、大別すると「リン酸亜鉛皮膜」と「リン酸鉄皮膜」に分けられる。管理の面はリン酸鉄が簡単だが、塗装の耐食性はリン酸亜鉛が優れている。皮膜化成処理では、皮膜剤が金属と反応して、金属表面に水に不溶性の金属化合物を作る。この金属化合物が化成皮膜で、金属表面を錆から守り、塗料の密着性、耐食性を向上させる。