キーワード検索

過電流 (カデンリュウ)

過電流は、大きく分けてショート(短絡)と電気の使いすぎ(過負荷)の2種類がある。ショート(短絡)とは、配線や電気機器の電源コード(電路)において、間違っ た配線接続・故障などが原因で、2線間が接触したり、2線間の絶縁抵抗が極端に低下した時に、配線や電気機器に危険な電流が流れることをいう。またショート(短絡) により流れる電気を短絡電流という。次に電気の使いすぎ(過負荷)とは、電気機器を一度に多く使い、配線に許容量以上の大きな電流が流れることをいう。