キーワード検索

環境ホルモン (カンキョウホルモン)

外因性内分必かく乱科学物質。塗料、接着剤などを通して人為的に大気中に排出される。体内に入るとホルモンの働きをかく乱し、発ガン、生殖器障害などを起こす。ダイオキシン・PCB・DDTなどが挙げられる。特に、生殖機能への影響が問題になっている。現在は環境ホルモンの放出に対処した製品が主流となっている。