キーワード検索

空気浄化(作用) (クウキジョウカ)

光触媒体である二酸化チタンは、ほぼ全ての有機物を分解でき、抗菌防かび、水処理、大気浄化、脱臭、セルフクリーニングなど、環境分野でのさまざまな応用が可能であり大気を浄化する作用があり、これを光触媒の空気浄化作用、または環境浄化作用という。