キーワード検索

建築用吹付材 (ケンチクヨウフキツケザイ)

吹き付けやローラー施工によって立体的な模様(砂壁状、ゆず肌状、凹凸状、天然石状など)を形成する建築構造物の化粧仕上げ材の総称。吹き付け塗装による仕上げ塗材は、主に外装用として1980年代から急速に使用が拡大し、外壁塗装といえば「ガン吹き塗装」といわれるほど建築塗装における一分野として成長した。外壁へのサイディング使用が普及すると共に、環境への配慮からも最近はその使用が減少傾向にある。しかしながら、パターンによっては他の塗装方法では得られないものもある。ローラー施工による仕上げは現在も多用されている。現在、3種類がJISで規格化されている。他にも塗料メーカー独自にいろいろな種類の吹き付け材を市販している。