熱硬化 (ネツコウ)

加熱すると分子間に橋かけ反応が起こり、三次元の網目構造を形成して分子量が無限大となり、不溶不融になる性質。