粘度変化 (ネンドヘンカ)

塗料欠陥の一つ。塗料の貯蔵、保管中に粘度が変化する現象。長期に渡り貯蔵すると粘度が高くなることが多い。