赤外線乾燥炉 (セキガイセンカンソウロ)

一般の乾燥炉は高温の空気の対流熱による方式であるが、赤外線の輻射熱による乾燥方式の炉。赤外線には波長により近赤外線、赤外線、遠赤外線に分けられ、用途、目的により使い分けられる。熱源としては、電気が主であるが、遠赤の場合はガス遠赤も多用される。