促進耐候性 (ソクシンタイコウセイ)

屋外の自然環境で実用上塗膜に加えられる劣化作用を想定し、且つこれらの作用を強め、劣化を加速する様に工夫された試験法。太陽光、冷却、水蒸気、雨、乾燥等の要因を調整し、所定のサイクルで繰り返して試験する。試験方法には、サンシャイン、キセノン、スーパーUV等があり利用されている。自然暴露との相関性、促進倍率等の課題がある。