キーワード検索

チョーキング(白亜化) (チョーキング)

白墨のチョークからきている。塗膜表面に紫外線・温度・水などが長時間作用して、樹脂分解や顔料変質を起こし、ついには塗膜からこれらの主として白色を呈する劣化物が脱離して、表層に付着した状態になる。塗膜が長時間、環境の劣化外力によって変質することは程度の差こそあれ避けられないが、外装材の場合、特に紫外線によって短時間でこの現象が発生ずるのは望ましくなく、 樹脂や顔料の選択によって、できる限りゆっくりと進行するようタフに品質設計する。