キーワード検索

つき廻り性 (Throwing Power) (ツキマワリセイ)

 <電着塗装の場合>被塗物の一部に塗膜が形成されると塗膜抵抗により塗膜の析出が抑制され、塗膜の付いていない部分に電流が流れ、 そこに塗膜が形成されるが、この塗装される性質をいう。実際には、内径17.5mmのパイプの中に幅16mmの帯状鉄板を入れ、 塗装電圧で塗装したときの帯状鉄板に塗装される長さで表される。なお、静電塗装では「廻り込み性」といい、これと区別している。

 同義語 : つき廻り性、つき廻り値