キーワード検索

テレピン油 (テレピンユ)

ほぼ無色から淡黄色の液体。松脂などを水蒸気蒸留によって留出された植物性炭化水素溶剤で、空気中で徐々に酸化されて粘性が高くなり、やがて樹脂状となる。用途としては塗料やワニスなどの溶剤として利用されるほか、美術の分野では、油絵具の薄め液・画用液として用いられる。塗料以外でも医薬品、化学工業の分野でも利用されている。