鉄筋バクレツ(てっきん―) (テッキンバクレツ)

コンクリート中の鉄筋がさびることで体積が膨張し、コンクリートをはがしてしまう現象。