塗着ノンボラ値 (トチャク)

ガンから噴霧され被塗物に塗着するまでには、溶剤分が揮発し、噴霧する前後で固形分と溶剤分の比率が異なる。噴霧後は前に比べて固形分の比率か高くなる。エアを使用する二流体は、エアを使用しない一流体より塗着ノンボラ値が高くなる。