塗布型化成処理 (トフ)

化成処理の処理方法であり、被処理材に処理液を塗布して、乾燥または焼付けにより皮膜を形成する。反応型の化成処理方法に比べ、処理後の水洗が省略できるので、排水処理が不要となる。