動力伝達効率 (Mechanical Efficiency of Power Transmiss) (ドウリョクデンタツコウリツ)

機関による軸出力と、クラッチ、変速機、減速機などの全動力伝達装置を経て駆動輪に伝えらた出力との比(%)をいう。因みに、コンベヤでの伝達効率は、出力源(モーター)とチェーン、Vベルトなどで伝達される出力(実効出力)との比となる。伝達効率=実効出力÷出力(モーター)

 同義語:電動機械効率・伝道効率