キーワード検索

薬品着色(化学着色) (ヤクヒンチャクyソク)

酸やアルカリなどの水溶液を木材に塗布し、木材が含有するタンニン酸その他のの成分と化学反応させて発色する方法で、古くから行われてきた。代表的な薬品として木酢酸鉄、重クロム酸カリ、過マンガン酸カリ、硫酸鉄、アンモニア水などがある。また、植物染料と併用する場合は、ログウッドエキス、阿仙薬を用いる。